MENU

■7+Englishを購入して、完全公開・解説していきます!【オフィシャル特典付き】

 

「記憶するフレーズ」と「それを記憶する方法(記憶術)」、

 

両方を教えてくれる、たった1つの英語教材です。

 

 

喜ぶの女性

「それなら、私にも覚えられるかも!」

 

 

七田式最新教材【7+English】60日完全記憶英会話を購入してみました。

 

7+English全教材内容

「7+English」教材の内容

 

 

7+English,七田式,英語,英会話,口コミ,評判あなたは英会話の学習にこんな不安や不満を抱えていませんか?

 

 

困惑顔の女性

英会話が出来たらかっこいいと思うけど、数が多すぎてどの教材を選べばいいのかわからない。

 

これまでもいくつか教材を試したけど、途中で挫折して結局話せるようにはならなかった。

 

聞き流すだけの教材は、いくら聞いても、本当に聞き流すだけで終わった。

 

言いたいことはなんとか言えるれけど、ネイティブの英語は全く聞き取れない。

 

英会話スクールに通う時間やお金もないし、人前でのレッスンは恥ずかしい。

 

仕事や家事に時間をとられて、まとまった勉強の時間は取れないと思う。

 

集中力がなくて、なにをしてもちっとも頭に入らない。

 

「フレーズを記憶するのが上達の近道」っていうけど、記憶力に自信がないからダメ!

 

必死に覚えたフレーズも、次の日にはすっかり忘れて、やる気ゼロ。

 

英語学習の不安や悩みを、相談したり、質問できる相手がいない。

 

 

 

こんな不安を、1日たった7分、60日間でスッキリ解決してくれる教材があるとしたら

 

ちょっと魅力的だと思いませんか?

 

 

当サイトでは七田式の最新英会話教材、
【7+English】〜60日完全記憶英会話を実際に購入して
その内容や学習の方法、効果などについて、できるだけ詳しくお伝えしていきます。

 

なるべく短時間で、効率的に英会話力を身につけることに興味がある方は
どうぞあと数分だけ、このページを読み進めてみてくださいね。

 

 

 

当サイト限定のプレゼントも用意しています。

 

 

現在、当サイトだけの【スペシャルボーナス特典】を追加してお届け中!

 

他では決して手に入らない「7+English公式」のプレゼントです!

このページの最後でプレゼント内容をご確認下さい!

 

 

 

 

のちほどゆっくりご覧になりたい方は、このページをお気に入りに登録(ブックマーク)しておくと便利です。

 

 

 

教材の詳細をすぐに確認したい方はこちら⇒ 
【7+English】〜60日完全記憶英会話〜 「七田式」の最新英語教材。

 

 

■【7+English】〜七田式60日完全記憶英会話はどんな教材なの?

 

記憶力に自信がなくたって平気。

 

【7+English】は「記憶する方法」まで身につけられる、たったひとつの英会話教材です!

 

挫折

 

英会話教材をアレコレと探しているあなたなら

 

「良く使う会話のフレーズをまるごと覚えてしまいましょう!」という「完全記憶タイプ」の教材がたくさんあることにお気づきだと思います。

 

だけど「記憶や暗記はすごく得意!」という方ならいざ知らず、

 

「覚えられない」「覚えてもすぐ忘れちゃう」「もうトシだから頭が固くて…」と不安を感じてしまう方も多いはず。

 

私も、もちろんそのひとりでした(苦笑)

 

でも・・・もし「覚えるフレーズ」だけじゃなく、
フレーズを覚える方法(記憶術)まで教えてくれる教材があるとしたら、なんとなく続けていけそうな気がしませんか?

 

 

 

【教材の構成】

 

CD6枚 「テキスト」と「フレーズチェックシート」

 

■ CD×6枚組
■ テキスト×2冊
■ フレーズチェックシート

 

 

 

 

●世界の七田式って?

 

世界の七田式って?

 

7+Englishをリリースした「七田式」は、
日本の教育研究家である七田眞氏が考案して、実践してきた教育法。
現在「七田式」の教室は、日本以外に11の国や地域で展開されています。

 

七田式の特徴は、人間が生まれつき持っている「右脳」の優れた能力に、
イメージトレーニングや記憶法など、様々なアプローチで活性化し、
その人の持っている本当の能力を完全に引き出そうとする教育法です。

 

そして「七田式」の英会話教育は、世界の11か国で37万人以上が実践してきたそう。
世界の教育現場で長年にわたって認められ、磨かれてきたノウハウをすべてつぎ込んだ最新教材、
それが【7+English】〜60日完全記憶英会話なんですね。

 

 

●1日に必要な時間はたったの7分、60日間で60フレーズを完全記憶します。

 

【7+English】必要な学習時間は、1日たったの7分・・・なんですが、
実際に購入して試してみると、慣れるまでの最初の1週間くらいは15分くらい必要でした。

 

決して最初の一週間は量が多い、というわけではなく、
勉強の方法や手順に慣れるのにそれくらいの期間がかかってしまうんですね。

 

それでも「たった15分」ですからね。
なにごともそうですが、慣れてしまえばあとは簡単なものでした。

 

たった7〜15分という短時間のうちに
毎日1つずつ、英文のパターンを完全に記憶していきます。

 

そして、60日間続けていくことで60パターンの会話文を完全に覚えこむことができます。

 

 

●なぜ英会話の学習に「完全記憶」がいいの?

 

英会話画像

私たち日本人は、英語でなにか話そうとした場合、
まず日本語で話したい文章を思い浮かべて、それからを英語に訳す作業をするという順番になりますよね。

 

これって、すぐに反応出来るものではありませんし、
日本語を英語に訳す段階で「えーと、えーと、なんて言えばいいんだっけ?」と混乱し、

 

どんなに「えーと、えーと」と考えたところで
そもそも英語のフレーズも単語も出てこないのですから、
「あい きゃん のっと すぴーく いんぐりっしゅ!」状態になるだけですよね?

 

それならぱ、日本語の文章を直すのではなくて、初めから英文フレーズが思い浮かぶように
基本的な英文のパターンを記憶しておくのが英会話上達の近道というわけです。

 

ちょうど算数でいえば「九×九」のようなもの。

 

「九×九」を記憶しておけば、いちいち計算する必要もありませんし、
「なんで3×8は24になるんだ?」なんて理屈を考えるヒマもありませんからね。

 

英会話フレーズの完全記憶は、「九×九」とおなじように
問題に対して反射的にスッと答えが出てくる・・・とうあの感覚を目指すことになります。

 

私たち、日本の教育を受けたものからすると
「記憶する」とか「暗記する」というと「詰め込み学習」という、ちょっとマイナスなイメージを抱いてしまいますが、
世界中にたくさんいる「バイリンガル」や「マルチリンガル」の人たちにとっては
語学の習得に「完全記憶」が最適、というのはごくごく当たり前のことなんですね!

 

(私の知人に4か国語を話すカナダ人がいますが、彼は「文法なんて勉強したことない」と豪語しています)

 

 

●じゃあ、いくつのフレーズを覚えれば日常会話ができるの?

 

【7+English】で覚える会話のフレーズは「60パターン」。
日常の会話で本当によく使われるものだけが選りすぐられています。

 

「トラベル会話」的な教材だと、どうしても旅先での「空港」「税関」「ホテル」「ショップ」…
みたいなシーンだけの会話に限定されてしまうのですが、【7+English】はもっと日常性にこだわっています。

 

その「60パターン」は以下のとおりです。

 

60パターン一覧

 

 

どれも「あー、中学で習ったよね」というものばかり。
これなら、勉強からしばらく遠ざかっていた身でもなんとかついていけるかな?という気になります。

 

この中から毎日1パターンと、それに関連した短いフレーズ10個を覚えてしまいます。

 

外国人と英会話

例えば1つのパターンを例にとると
「私はショッピングが好きです」
という基本パターンから

 

「私は友達とショッピングに行くのが好きです」
「私はショッピングに行くのが好きではありません」
「私はひとりでショッピングに行くのが好きではありません」

 

といったふうに、元のフレーズから関連のある言い回しにどんどん展開していって
合計10個のフレーズを「完全記憶」してしまおうという仕組みです。

 

1日にかかる「7分」というのは、この10フレーズの記憶に必要な時間ということになります。

 

1日1つの元パターンと、展開したフレーズを記憶。
60日間で、「60パターン」「600フレーズ」を記憶して日常会話が出来るようになってきます。

 

 

 

●でも「600フレーズ」も覚えられる自信はありますか?

 

出来るかしら

英会話を身につけるの「フレーズ記憶」が効率的なのはわかったけど
でも、60日で600個のフレーズなんて本当に私に覚えられるの?

 

・・・たしかに、ちょっと不安を感じちゃいますよね。

 

でも!ここからが【7+English】〜60日完全記憶英会話の「重要ポイント」。

 

 

ここがミソだわ

 

実は、この教材にはこうしたパターンやフレーズを完全記憶するための
「記憶術」「記憶のテクニック」までしっかり解説されているんです。

 

しかも「完全記憶」というだけあって、
一晩寝たら忘れちゃった、というような一夜漬けの「短期記憶」ではなく、
一度覚えたら、そう簡単には忘れられない「長期記憶」ができるようにプログラムされているんです。

 

これこそが「右脳の開発」に力を注いできた七田式ならではの部分。
こんなかゆいところに手が届く英会話教材、他にはちょっとなかったんじゃないでしょうか。
(この記憶テクニックが使えるのは、英語学習だけじゃないですよ!)

 

しかも、テキストの中身を見てみてください。

 

テキストの中身

 

ひとつひとつのフレーズが、気が抜けるほど短いことがわかりますよね?

 

【7+English】で使うフレーズは、
わずか数単語(7〜8単語)でできているシンプルイングリッシュなんです。

 

記憶するのが苦痛に感じるような長い文章を覚える必要はありませんし、
この程度の長さのフレーズなら、まさに「九×九」の感覚でスッと頭に飛び込んできそうです。

 

 

●聞き流すだけじゃダメなんです・・・

 

「聞き流すだけ」をウリにしている教材で、「ちっとも英語が話せるようにならなかった」という方の話はよく聞きます。
聞き流してたら、本当に聞き流して終わってしまった・・・と。

 

Good

 

考えてみれば当たり前の話で、かりに火星人が地球にやってきたとして、
火星人がしゃべっているのを毎日聞いていたら、火星人と会話できるようになるでしょうか?

 

単語を知らないんですから、どんなに聞いていたって、ずっとチンプンカンプンのままですよね。
(火星人に「単語」という概念があるかは分かりませんが・汗)

 

【7+English】もリスニング用のCDをメインとした教材ですが「聞き流す」ことが目的ではありません。
聞いて、自分でも声に出して話すというステップがきちんと入っていますから
より一層、長期記憶に残りやすように工夫がされています。

 

また、毎日CDでネイティブの会話を聞くことで
正しい発音や、それなりに速いナチュラルスピードの会話にも耳が慣れていきますので、
ヒアリング能力も身につくようにプログラムされているんです。

 

 

 

●手厚いメールサポートが高評価の秘密

 

【7+English】の発売元であるDigitalFusion社に直接伺ってみたところ
この教材が高い評価を得ている秘密のひとつは、やはり、メールによる「完全サポート体制」のようです。

サポートを受ける女性

 

英会話スクールなどではなく、自力でこうした教材を使って学習している場合、
疑問や不安がうまれたときにどうすればいいのか・・・
質問したいことだって、出てくるかもしれませんよね。

 

もっとも、英会話スクールでも質問するのは結構勇気がいるかもしれませんけど…

 

でも、【7+English】のようにメールで気軽に質問できるっていうのは本当に安心感があります。

 

どんな時でも、どんな場所からでもちょっと疑問や不安が浮かんだら質問できるというのは
毎日の勉強を続けていく励みにもなりますからね。

 

しかも、メールサポートは【7+English】に関することだけでなく
・どうすればうまく英会話ができるようになるのか
・TOEICなどの検定試験や学校の英語テストに関する質問
・海外旅行に出かける前のアドバイス
など、英語全般に関する不安や疑問のすべてに対応してくれるんです。

 

普通の教材のサポートにそんな質問をすれば、
まず「質問は、教材に関するものに限らせていただきます」って門前払いされちゃいますから、
どんなことでも質問できるって、本当にすごいことですよね。

 

こうした点も、七田式というちゃんとした教育機関が運営しているメリットなんだと感じます。

 

しかも、サポートは3年間、回数無制限!って
「なに考えてんの!?」っていうくらいの充実した体制が用意されています。
これなら60日間、さらにそれ以降も挫折することなく英語の勉強を続けていけそうな気がします。

 

【7+English】は、最初に公式サイトに訪れてから
「3日間」のみ大幅値引きの特別価格が設定されています。

 

3日以内に購入を決めれば一番お得に【7+English】をはじめることができますから
ご興味のある方は3日間限定価格を利用してくださいね。

 

【公式サイト】
【7+English】〜60日完全記憶英会話〜 「七田式」の最新英語教材。

 

CD・テキストの内容を詳しく知りたい方は次のページをご覧ください。

 

次のページへ⇒ 7+English〜60日完全記憶英会話 教材の内容

 

 

 

 

無料相互リンク